なぜしわに性格が表れるのか?

しわは年齢を表しやすいものとして認識されていて、この話は有名で男性もこれを女性の年齢の判断基準としている人も少なくありません。そして、最も目立つ場所としては、やはり顔ですよね。顔の小じわを非常に気にする女性が多いです。

しかし、実は年齢が出るのは顔のしわではなく、他の部分にあります。 それは首や手の甲です。指などのしわも年齢を隠すことが難しいですね。 よって、いくら顔のしわを目立たなくしても、手の甲や首が出ている服装であれば、基本的には年齢を画することができません。

特に40歳を超えてくると、肌のたるみが顕著になり、首のたるみとしわは目立つようになります。 リフトアップのための体操などを行い、首周りのたるみをなくし、しわができないようにすることが大切です。 こういった年齢が現れやすい場所は、日々の手入れによって大きく変わってきます。

顔のしわのようにメイクで隠したりもできないため、なかなかすぐには隠せません。 その分年齢が分かりやすいということになりますが、どれだけ毎日の手入れをしっかりと行っているかということに繋がります。 顔のしわ対策は行っていても首や手の甲はほったらかしであれば、表面だけを気にする人という印象を持たれてしまう場合もあります。 もちろん、生活や環境などさまざまなことが影響するので、それだけで決めつけることはできませんが   以外にも見ている人はいます。あまりにも手入れがされていないのとズボラに思われてしっまたり損をしてしまうので早めにケアをはじめましょう。