なぜしわ予防には鮭定食なのか?

しわが出来にくくなる栄養素として、コラーゲンが注目を浴びています。 コラーゲンを接収することで、お肌の弾力性があがり、しわが出来にくくなるという原理なのです。 しかし、外からコラーゲンを摂取しても効果は薄い、という専門家の意見も多いのが現状です。 コラーゲンはもともと人間の体内にあるもので、25歳以降徐々に減っていくものです。 つまりこのコラーゲンを外から取るのではなく、体内のコラーゲンを減少させないことが大切です。そうするためには、食べ物からの栄養素が重要になってくるのです。 そこでおすすめなのが、鮭定食!

イソフラボンが活躍

まず、大豆は非常に重要だとと言われています。大豆に含まれているイソフラボンが女性ホルモンと似ています。 そして、女性ホルモンとコラーゲンは比例関係あります。つまり、大豆を食べることで、コラーゲンの体内濃度を高めていくことができるのです。

アスタキチンサンが活躍

次にサケを摂取するのがおすすめの理由。サケにはオメガ3脂肪酸という肌を柔らかく保つための栄養分が含まれています。 肌の炎症を防ぐ働きあり、綺麗な肌を保つために欠かせない成分となっています。 そして、一番注目したいのがアスタキチンサン活性酸素を除去するサポートをします。

以上のことから、鮭定食がおすすめ!定食であれば、奴が付け合わせであったり、味噌汁に入っていたりします。 お肌に良いものをバランスよく摂ることができるので、洋食派だった方もこれを機に朝ごはんは和食にシフトチェンジしてみては?